変わる住宅環境

今までの住宅環境というものが変わりつつあります。ただ住むというだけではなく、住む人の求める用途に合わせて内面から外面など変化させることができるようになりました。
一人暮らしをこれから始めたいと思っている方や、今住んでいる家をリフォームしてより快適な住環境にしたい、二世帯住宅にして家族団らんの住まいを構築したいといったように、人が住まいに求める要求がある限り、住宅もそれに合わせて変化していくのは自然なことなのかもしれません。
また、住宅というのは、賃貸マンションから一戸建て、借家など様々な形態がありますが、それぞれのメリットを踏まえたうえで自分に適した住宅環境というものを構築していきたいものですね。


最新の話題・情報

「団地からDANCHIへ」イメージ一新の団地も登場

団地というと、古びた住宅という印象を持つ人がいるかもしれません。ところが、棟丸ごとリノベーションをしたり、住戸ごとに個性を持たせたり、コミュニティの仕掛けをしたりと、若い人が新しいと感じるさまざまな取り組みが行われています。その中で団地再生によって、生まれ変わったDANCHIを紹介しましょう。


不況にも強いマンションの立地条件

不況でも価格が下がりにくく、好況なときは他よりも上昇率が高い。そんな立地条件のマンションを選びたい。


70歳からのマンション選び…余生をどう生きるか?

日本の平均寿命(2014年)は、女性が86歳(世界1位)、男性が80歳(世界3位)を超える長寿国。健康寿命が伸びたことで、老後の住まいに求めるモノも変わりつつあります。アクティブシニア向けの分譲マンション「グランコスモ武蔵浦和」を例に、長寿社会における住まいを考えます。


自宅を高く売るためには“最低限の加工”がポイント?

住宅診断などの不動産サービスを行うさくら事務所が、今までにない「新しい中古住宅の売り方」に取り組んでいるというので、取材しました。中古住宅を売る人の利益を確保するために、知恵を絞るのがポイントのようです。どういうことか、詳しく見ていきましょう。


よい建築家を選ぶには“気質”に注目しよう

ひとくちに建築家といっても、その考え方はさまざまです。デザインやコストも重要なことですが、まずは共有できるコンセプトや同じ気質をもつ建築家に出会うことが大切なのです。