変わる住宅環境

今までの住宅環境というものが変わりつつあります。ただ住むというだけではなく、住む人の求める用途に合わせて内面から外面など変化させることができるようになりました。
一人暮らしをこれから始めたいと思っている方や、今住んでいる家をリフォームしてより快適な住環境にしたい、二世帯住宅にして家族団らんの住まいを構築したいといったように、人が住まいに求める要求がある限り、住宅もそれに合わせて変化していくのは自然なことなのかもしれません。
また、住宅というのは、賃貸マンションから一戸建て、借家など様々な形態がありますが、それぞれのメリットを踏まえたうえで自分に適した住宅環境というものを構築していきたいものですね。


最新の話題・情報

家の売却~買主へ家を引き渡すまでの段取り

売買契約が終わってから家を買主へ引き渡すまで通常はしばらくの期間があるものの、その間にやらなければならないことも多く、のんびりと過ごすわけにはいきません。売却した家を引き渡すまでにどのような準備が必要なのかを十分にチェックして、しっかりと段取りをすることが大切です。(2015年改訂版、初出:2010年11月)


心地よいサニタリー空間をつくる寸法とアイデア

浴室・洗面室・トイレなどのサニタリー空間は一般的に狭いところです。その中で立つ、かがむ、腰をかける、服を脱ぐ・着るなどのさまざまな動作をします。そのため、基本となる広さや寸法をおさえながらも安心・安全への配慮はかかせません。


自宅を高く売るためには“最低限の加工”がポイント?

住宅診断などの不動産サービスを行うさくら事務所が、今までにない「新しい中古住宅の売り方」に取り組んでいるというので、取材しました。中古住宅を売る人の利益を確保するために、知恵を絞るのがポイントのようです。どういうことか、詳しく見ていきましょう。


マイホームの売却と3,000万円の特別控除

個人がマイホームを売却したときに「3,000万円の特別控除」の特例が使えれば、3,000万円以内の所得には課税されません。売却で利益が出そうなときには、その適用要件など特例の内容をしっかりと理解しておきましょう。(2016年改訂版、初出:2005年12月)


住宅選びにおける「消費者責任」

住宅選びには、専門家でも難しいような将来予測が求められる場面もあります。不測の事態が起きたときに「消費者責任」で片付けられるケースもあるため、慎重に対処することが欠かせません。