変わる住宅環境

今までの住宅環境というものが変わりつつあります。ただ住むというだけではなく、住む人の求める用途に合わせて内面から外面など変化させることができるようになりました。
一人暮らしをこれから始めたいと思っている方や、今住んでいる家をリフォームしてより快適な住環境にしたい、二世帯住宅にして家族団らんの住まいを構築したいといったように、人が住まいに求める要求がある限り、住宅もそれに合わせて変化していくのは自然なことなのかもしれません。
また、住宅というのは、賃貸マンションから一戸建て、借家など様々な形態がありますが、それぞれのメリットを踏まえたうえで自分に適した住宅環境というものを構築していきたいものですね。


最新の話題・情報

建築家に依頼して建てた、小さな家での暮らしのエッセイ

インテリア設計と住宅雑誌編集長の経験を持ち、日本の家づくりに関わる日々を過ごしてきた筆者が送る住まいのエッセイ。建築家に依頼するとはどういうことか?理想と現実のギャップは?満足できる家づくりをしたい方にとって、参考になるエッセンスが詰まっています。


地名に隠されたメッセージ、旧地名の調べ方

旧地名の字(あざ)には、災害を回避するための情報が含まれていることをご存知ですか? そのあらましとともに、旧地名を調べるためにはどうすればよいのかを知っておきましょう。(2016年改訂版、初出:2002年11月)


「デザイナーズ住宅」って実際はどうなの?

ひとくちに「デザイナーズマンション」「デザイナーズ住宅」といっても、その実態は……。それぞれメリットもデメリットもあるため、広告のイメージに惑わされないことが大切です。(2016年改訂版、初出:2006年3月)


縦割り行政がもたらす住宅への弊害

すべての国民にとって欠かすことのできない生活の基盤が「住宅」ですから、そのすべてに関することを一元的に管理する「住宅省」があってもおかしくありません。しかし、実際には省庁間の縦割りもあり、情報が共有されないことによる事件もかつてありました。


家の売却~売れないときのチェックポイント

家を売り出したとき、すぐに買主が見つかるとはかぎりません。しかし、なかなか売れそうにないときにはその原因を突き止め、できるだけ早めに対処をすることも必要です。そのためのチェックポイントなどをまとめました。(2015年改訂版、初出:2010年10月)